本当に毛が生える?HARG療法の治療法から効果まで

注目!HARG療法の詳しい内容とオススメの美容外科を紹介!

HOME > 名医を探せ!クリニック検索 > 施術名で探す > HARG療法

施術名で探す

HARG療法とは

男性の薄毛治療で使われることの多いプロペシアですが、婦人科系統に副作用が起きたり、将来男の子を妊娠した際に赤ちゃんの生殖機能に問題が起こる可能性があるため、女性はほとんど使用することができません。
男性と女性では薄毛の原因が違うので治療法も異なり、女性の発毛治療は難しい問題でした。
それを可能にしたのがHARG 治療法です。
HARG とはHair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)の頭文字をとったもので、文字通り発毛治療のひとつです。
脂肪肝細胞から抽出した成長因子AAPEやビタミン類、アミノ酸等の栄養素を成分とするHARGカクテルを頭皮に注入することで毛周期サイクルを正常化し、発毛を促進します。
服用ではないので頭皮以外に作用することもなく、幹細胞からできているのでアレルギーや副作用が少ない、抜け毛を予防するのではなく発毛を促進する効果が高いので男性だけではなく女性の薄毛治療に使えるということで注目されています。
針を使う医療行為なので、エステなどでは施術できません。

おすすめ部位
髪の毛の薄毛
髪の毛の薄毛
抜け毛
抜け毛
こんな人に向いてます!
  • 薄毛が気になる方
  • 円形脱毛症の方
施術方法

注射針によってHARGカクテルを頭皮に注入するパピュール法、
フラクショナルレーザーで頭皮に極小の穴を開けてHARGカクテルを浸透させるフラクショナルレーザー法、
極細の針がついた医療用ローラーを使用して頭皮にHARGカクテルを浸透させるダーマローラー法、
炭酸ガスの圧力でHARGカクテルを頭皮に浸透させるメドジェット法などがあります。

施術の流れ

カウンセリングで薄毛の原因や頭皮の状態、最適な治療法を話し合います。
患者さんの生活習慣なども薄毛治療には関わってきます。
担当医は大切なパートナーとなりますので納得できるまで話を聞きましょう。
施術の際は、痛みが少ないように頭皮の表面に麻酔をします。
針といっても髪の毛より細い極細の針で頭皮の表面にHARGカクテルを注入していきます。
施術時間は全部で1時間程度。
施術当日は洗髪禁止です。その後2日に1回薬用シャンプーでの洗髪が可能になります。
基本的にカラーリングやパーマはしないほうが良いのですが、どうしてもという場合は施術の前後1週間を避けるように気をつけましょう。
施術後は頭皮の血流が良くなるため、火照りやかゆみ等の違和感を感じることがありますが数日で落ち着いてきます。
毛周期や個人差がありますが、2〜3ヶ月程度で毛髪再生が認められ、6ヶ月後には見た目にも生えたことを実感できるでしょう。

メリット

薬液にアレルギーや副作用がほとんど無いため、男性でも女性でも施術が可能。
毛を作る毛根に成長因子を注入するため、かなり高い発毛効果が期待できる。
女性の場合、生活習慣に気をつければ、永遠に施術を続けなくてもよい。

リスク

毛周期に合わせた治療になるため即効性は低く、効果を感じるまでに時間がかかる。
料金が比較的高い。
男性のAGAの場合、抜け毛を予防するプロペシアと併用しないと薄毛が進行する可能性がある。
針を使う施術のため、多少の痛みを感じることがある。

価格相場
  • 1回…¥100,000程度
通院回数

4回〜

この治療が得意なクリニック
カウンセリングの時チェックすべきところ

1回の料金は決められていますが、1回ではほとんど効果を期待できないため通常は数回のセット料金となっています。
カウンセリングの際には、どの程度の通院が必要なのか聞いておくと良いでしょう。

Q&A
頭皮の注射って痛そうですが…
針は髪の毛より細い極細のもので、専門の医師が行うのでほとんど痛みはありません。
できるだけ痛みを感じないよう、頭皮に表面麻酔をした後に注射による麻酔も行います。
施術中も痛みの具合を確認しながらゆっくり行います。
毛が生えた後にまた抜けたりしませんか?
治療開始後は毛周期の関係で抜け毛が増えることがあります。
毛髪再生後は健康な毛根に近づけるため抜け毛は少なくなりますが、加齢による抜け毛は防ぐことが難しいので、点滴等の継続治療が必要な場合もあります。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ