人には聞けないけど気になる!膣縮小ってどんな治療?その後は?治療法からクリニックまでを紹介

注目!膣縮小の詳しい内容とオススメの美容外科を紹介!

HOME > 名医を探せ!クリニック検索 > 施術名で探す > 膣縮小手術

施術名で探す

膣縮小とは

膣縮小には膣全体を引き締める効果のある治療法と、入口や奥など部分的に狭くすることが可能な治療法があります。
なんとなく締りが悪い気がする、メスを使ったりダウンタイムが長いのは困るという場合には高周波を使ったビビーブ法がおすすめ。膣内部に高周波で刺激を与え、膣全体の引き締めと共に膣壁の細胞活性によりコラーゲンを生成し膣内をふっくらさせます。
尿もれも気になるけどメスは使いたくない場合には、Vタイトニングレーザー法が良いでしょう。膣の奥から引き締めることができ、尿もれ治療も同時に可能。レーザー照射によりコラーゲンが生成されるので膣内部の若返りが期待できます。
これから出産を計画している人や、手軽に施術を受けてみたい人には注入法がおすすめ。
ヒアルロン酸や自身の脂肪を膣粘膜下や筋肉層に注射して膣を狭くします。
施術時間が短く、入院や通院の必要はありませんが効果の持続は短め。
膣の入口だけ、または奥までしっかり締りをよくしたい、一度で半永久的な効果を望む人には切開縫縮手術があります。
膣粘膜や皮膚を切除したり括約筋を狭めるもので、局所麻酔や全身麻酔を使って行われます。
他の施術で効果が少なかった人でも確かな効果を得られ、持続も半永久的です。

おすすめ部位
膣内部
膣内部
膣入口
膣入口
こんな人に向いてます!
  • 出産後に膣がゆるくなった気がする方
  • パートナーにゆるみを指摘された方
  • 尿もれが気になる方
  • 閉経後の性生活にお困りの方
施術方法

ビビーブ法は、専用器具を膣内に挿入し入口に高周波を照射します。
Vタイトニングレーザー法は、照射器具を膣内に挿入し奥の方にレーザーを照射します。
注入法は、局所麻酔後に注射器にて膣壁手前側にヒアルロン酸や脂肪を注入します。
切開縫縮法は、局所麻酔と静脈麻酔(全身麻酔)を使います。膣粘膜と筋層を剥離、縫縮し余分な粘膜を切除します。

施術の流れ

いずれの施術も事前のカウンセリングで悩みや希望を確認します。
ビビーブ法は痛みが無いため麻酔はありません。Vタイトニングレーザー法は痛みは少ないですが局所麻酔を使います。
照射中はじんわり温かく、居眠りをしてしまう人も。10分~15分で施術は終了です。
出血も無くシャワーは当日からOK、性交は3日程度できません。
注入法の場合は、局所麻酔をした後にヒアルロン酸や脂肪を膣壁に注射器で注入します。脂肪注入の場合は施術前に自身のお腹やお尻から脂肪を採取します。施術時間は15分~30分程度。3日程度の出血がある場合があり、シャワーは当日からOK、性交は7日間できません。
切開縫縮手術の場合、痛みが無いように局所麻酔、静脈麻酔をします。静脈麻酔については別料金の場合もあるのでカウンセリング時に確認しましょう。
施術時間は30分~1時間半程度、入院の必要はありません。シャワーは3日後から。1カ月程度は激しい運動や性交は禁止です。

メリット

ビビーブ法、Vタイトニングレーザー法は短時間で施術可能。痛みも無くダウンタイムも短いためパートナーに気づかれず施術ができます。
Vタイトニングレーザー法は即日からの効果が実感できます。
注入法も短時間で済み、今後出産をしたい場合でも施術が可能で料金も比較的安い。自身の脂肪を注入する場合はアレルギーや副作用の心配がほとんど無いので安心。
切開縫縮手術は、入口または奥までと部位を選べ、効果は半永久的です。

リスク

ビビーブ法は効果が徐々に現れてくるため、即日からの効果は実感できません。持続期間は1年~2年程度と言われています。閉経後の女性には適しません。
Vタイトニングレーザー法も持続期間は1年~2年程度。ビビーブ法よりも短いと言われています。施術できるクリニックがあまり多くありません。
注入法は、ヒアルロン酸の場合体内に吸収されるため、効果は1年~2年程度です。
脂肪注入のほうが効果が持続しますが、2~3回の施術を重ねることが必要で料金も高め。
切開縫縮手術はダウンタイムが1カ月~と長く、料金も高め。

価格相場
  • ビビーブ法…1回\200,000~\350,000程度
  • Vタイトニングレーザー法…1回\200,000~\400,000程度
    (尿もれ治療もある場合は+\50,000~)
  • 注入法…ヒアルロン酸1回\160,000~\250,000程度
  • 脂肪1回\250,000~\370,000程度
  • 切開縫縮術…1回\300,000~\700,000程度
通院回数

1回~

この治療が得意なクリニック
カウンセリングの時チェックすべきところ

現在の状況と今後の希望、効果の持続期間についてはきちんとカウンセリングしておきましょう。
痛みに弱い人は麻酔についてもしっかり聞いておいた方が良いです。

Q&A
パートナーにゆるいと言われました。手術は必要?
男性器と同じように、膣内の長さや大きさもかなり個人差があります。
パートナーとの相性もあるので、ご自身の膣がゆるいとは限りません。本当に施術が必要か慎重に検討する必要がありますが、パートナーを想う気持ちから施術を希望する方も多くいらっしゃいます。
施術後は痛くありませんか?
ビビーブ法、Vタイトニングレーザー法は痛みはありません。
注入法もほとんど痛みはありません。
切開縫縮法は、下腹が重いような感覚はありますが痛みが続くようなことはありません。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ