気になる目の下のたるみを解決してくれる美容外科

注目!目の下のたるみ治療が得意な美容外科はココ!

HOME > お悩み別 口コミ人気クリニックは? > 目の下のたるみの悩み

目の下のたるみの悩み

目の下のたるみで悩んだらここのクリニックへ!

東京イセアクリニック

独自の複合施術で目の下のたるみを解消!

東京イセアクリニック

価格
  • レーザータイトニング(CO2レーザー)1回¥81,000
  • 下眼瞼脱脂術(経結膜法)¥230,000
  • 下眼瞼除皺術¥345,000
  • 下眼瞼脂肪切除術¥345,000
  • トラコンハムラ法(経血膜的眼窩脂肪移動術)¥403,000
  • トラコンハムラ法(経血膜的眼窩脂肪移動術)+ミッドフェイス(中面)リフト¥518,000
  • ※料金に関しましては、各院によって異なります。
通院回数

2回~3回

施術方法

まぶたのたるみの原因を医師が診察し、下眼瞼除皺術・下眼瞼脂肪切除術・下眼瞼脱脂(経結膜法)・トコランハムラ法(経血膜的眼窩脂肪移動術)から最適な術式をご提案します。目の下のたるみは、まぶたの膨らみと凹みでできる高低差による影が原因の場合がほとんど。イセアならではのふくらみを取り除く手術と凹みを解消する治療を組み合わせることで症状を一気に解決できるのです。

施術時間

1時間~1時間30分程度

痛み

麻酔を施しますので、施術中の痛みはありません。

お化粧

可能。(アイメイク・アイラインは避ける)

おすすめポイント

東京イセアクリニックでおすすめなのが目の下を切らずに、垂れた脂肪をくぼんだ部分に移動する「トラコンハムラ法」。脂肪を切除するだけでは実現不可能な、なめらかで自然な仕上がりになります。下まぶたの裏側を切開するので傷あとが残らず合併所の心配もなし。
形成外科出身の美容外科医がじっくりとカウンセリングを行います。目元の印象から顔全体を若く美しく見せるポイントは個人の顔のバランスや骨格で異なるため、その人に最適な治療法の組み合わせがあります。経験豊富な医師は、美のエキスパートでもあるため、感性と技術によって納得のできる仕上がりになります。

体験者の声

術後経過するごとになじんできて、6ヶ月半経過後には明らかに目の下の膨らみとくぼみが改善しているのがわかりました。
凸凹によるクマも無くなるのでとても満足です。
同時にミッドフェイスリフト(中顔面のたるみ引上げ)を行えるため顔全体の印象がぐっと明るく引き締まりました。

  • イセアクリニック詳細ページへ
  • もっとイセアクリニックの口コミを読む
城本クリニック

テキスト

価格
  • 下まぶたタルミ取り ¥350,000
  • ヒアルロン酸注入 0.1cc(期間限定特別価格) ¥9,800
  • サーマクール 300ショット ¥210,000
  • 上まぶたタルミ取り ¥300,000
  • ※料金に関しましては、各院によって異なります。
通院回数

1回~

痛み

局所麻酔を施しますので、術中の痛みはありません。

お化粧

アイメイク・アイラインのお化粧は、当日避けてください。

施術方法

下瞼たるみ取りとは、
下まぶたのたるみや脂肪を取り、目元をすっきりした印象にする治療です。
重力によって目の周りの筋肉が下垂し、皮膚が伸びてしまうと、疲れた印象や老けた印象を与えてしまいます。
切開ラインは目の下に添ってできるので、大きく目立つ傷にはなりません。
また、脂肪が気になる方は、下記のように結膜側からの脱脂術もあります。

施術時間

1時間~1時間半

おすすめポイント

体験者の声

  • 城本クリニック詳細ページへ
  • もっと城本クリニックの口コミを読む
自由が丘クリニック

開院20年のエイジングケアの実績。

自由が丘クリニック

価格
  • ◎目の下のたるみ取り
  • ・経結膜的レーザー脂肪取り)450,000円~
  • ・たるみ取り)350,000円~
  • ・脂肪+たるみ取り)570,000円~
通院回数

1回~

施術方法

患者様がご希望する仕上がりや術式によって異なりますので、カウンセリングにてご相談ください。

施術時間

30分~

痛み

術中は麻酔を使用しますので痛みはありません。

お化粧

傷跡が落ち着くまでメイクは控えてください。

おすすめポイント

自由が丘クリニックは、開院21年目を迎えるエイジングケアで歴史ある美容クリニックです。
大学病院で講師もされている先生や数ヶ月先まで予約が埋まっている先生など、日本トップクラスの先生が対応してくれます。今では海外からもこの手術のために来日される方も多いです。
レーザーによる治療から外科的処置まで対応しているので、ダウンタイムが気になる方や仕上がりにこだわる方など、様々な方にオススメできるクリニックです。

体験者の声

若返りたくて手術することを決めた者です。顔全体が気になっていたのですが、とりあえず目の下のたるみを何とかすることにしました。
チェーン店的なクリニックでは手術は怖いと周りから聞いていたので、クリニック数が1個しかなくて開院して長いところで探したところ自由が丘クリニックを見つけました。
チェーン店には無いプライベート感があり、先生も経験がありそうな先生だったのでここで手術しました。
また違う内容もお願いしたいと思います。

  • 自由が丘クリニック詳細ページへ
  • もっと自由が丘クリニックの口コミを読む

目の下のたるみの悩み

目の下のたるみはなぜできる?

目の下のたるみは、主に加齢が原因で引き起こされます。皮膚や筋肉が、加齢に伴い衰えていき、眼球の下にある眼窩脂肪が前方に飛び出し、まぶたを押し出してしまいます。また、目の下に水分や老廃物が溜まることもあります。こうして、涙袋の下にさらに膨らみができ、下垂することでたるみが生じてしまうのです。また、顔をつくっている筋肉が退化することで皮膚自体がたるむこともありますので、表情筋のエクササイズをすることでたるみを防ぐことも可能です。
若い方で目の下にたるみが生じてしまうのは、生まれつき目の下の脂肪量が多いことが原因です。目の大きな方や、頬骨が張っている方も目の下にたるみが生じやすい傾向にあります。

目の下のたるみの治療法
経結膜脱脂術

目の下のたるみの主な原因が、脂肪が突出し下垂してしまうことです。そのため、その脂肪を除去してあげることが一番の治療法です。脱脂術の方法もクリニックによって異なりますが、下まぶたを裏返し、結膜部分を1cmほど切開して脂肪を押しだす「経結膜脱脂術」が一般的です。皮膚表面に傷跡が残らない、人気の施術法です。

脱脂術+脂肪注入

脱脂術でたるみの原因となっている脂肪を除去する方法がポピュラーですが、脂肪を除去することで今度は凹みが発生し、クマの原因となってしまう場合があります。そのような場合には、除去した脂肪を生着しやすいように処理し、凹み部分に注入する方法を用います。脂肪ではなく、ヒアルロン酸を注入する場合もあります。

下眼瞼切開法

脂肪を除去する目的よりも、たるんでしまった皮膚を除去するために用いる方法が、下眼瞼切開法です。下まつげのすぐ下を切開し、たるみの原因となっている脂肪を除去した後に、余剰皮膚を切除し、縫合します。皮膚表面にメスを入れることで傷跡が残ってしまうことがデメリットですが、皮膚のたるみには適した治療法です。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ