気になる多汗症の悩みを解決してくれる美容外科

注目!多汗症治療が得意な美容外科はココです!

HOME > お悩み別 口コミ人気クリニックは? > 多汗症の悩み

多汗症の悩み

多汗症で悩んだらここのクリニックへ!

共立美容外科・歯科

多汗症だけじゃない!わきが、黄ばみ、脱毛も同時に行える多汗症治療

共立美容外科・歯科

価格
  • ■超音波+ローラークランプ法:432,000円→トライアル302,400円
  • ■ボトックス注射:108,000円→トライアル75,600円
  • ■超音波+ミラドライ:308,500円
通院回数

1回~2回

施術方法

共立美容外科・歯科がオススメする施術方法は、超音波+ローラークランプ法を用いた多汗症治療です。従来の多汗症治療(反転剪除法など)は、手術のダメージが大きく術後のダウンタイムが長くなってしまったり、レーザー照射が効かず治療できないものが多かったです。共立美容外科・歯科が行っている超音波+ローラークランプ法は、そういった従来の多汗症治療を独自に改良した多汗症治療における最高の治療法です。皮下組織の中に、傷跡が目立たないような極細のカニューレ(吸引棒)を挿入し特許を取得した独自のローラーで皮膚を押さえながら、多汗症の原因でもあるエクリン腺・わきがの原因であるアポクリン腺といった汗を分泌する汗腺を吸引していきます。また、この吸引時に毛根も吸引されるため脱毛効果も得られるということです。傷跡は、カニューレを挿入した際にできる2~3mm程度で手術後時間の経過とともに目立たなくなり人によっては全く無くなってしまう方もいるようです。その他、1シーズン限定の治療であるボトックス注射や、体内に何も挿入せず機械から照射されるマイクロウェーブによって汗腺を焼灼する超音波+ミラドライといった治療法もありますのでカウンセリング時にご相談ください。

施術時間

■超音波+ローラークランプ法:30~40分
■ボトックス注射:約15分
■超音波+ミラドライ:約60分

痛み

手術前に麻酔を使用するため、術中はほとんど痛みは感じません。

お化粧

特に制限はございません。

おすすめポイント

従来の多汗症治療の場合、手術跡が残ったり、術後のダウンタイムが長かったりといったデメリットがありました。共立美容外科・歯科が提供する超音波+ローラークランプ法の場合、手術跡も目立たなくなりますし術後のダウンタイムも比較的短いためオススメです。

  • 共立美容外科・歯科詳細ページへ
  • もっと共立美容外科・歯科の口コミを読む
城本クリニック

開院以来、30年以上の長きにわたり、「わきが」「多汗症」の治療を専門的に行っています。

城本クリニック

価格
  • 注射で簡単:ボトックス注射・ゼオミン注射
  • :(両脇)58,000円「2回目以降半額割引」
  • 効果の高い手術:直視下摘除法(剪除法)
  • :(両脇)240,000円(女性)
  • :(両脇)300,000円(男性)
通院回数

1回

施術方法

ボトックス注射・ゼオミン注射は、注射だけで簡単に汗をブロックできる治療です。
過剰な汗を止めることができ、大変快適に過ごすことができますので、リピーターの方も大勢ご来院いただいております。
ボトックス及びゼオミンはタンパク質の一種で、交感神経の働きを弱める作用があるため、エクリン汗腺やアポクリン汗腺の活動を抑制し、汗の分泌を抑えることができます。 これらボトックスやゼオミンを注射すれば、メスを使わず、数分でかんたんにワキの汗とその臭いを抑えることができます。
汗腺は残したままで、効果はおよそ半年~1年も続きます。

施術時間

ボトックス注射:5分

痛み

極細の注射針で麻酔を行いますので、ほとんど痛みは感じません。ご安心ください。

お化粧

おすすめポイント

★汗止めボトックス注射…お手軽に注射で汗を抑える方法(ワキ・手の平・足の裏など)の治療です。
ダウンタイムも全くありません!

■このような方に適しています。
・冬でもワキに汗をかく
・シャツに汗じみがつく
・緊張すると汗が出る

ワキだけでなく、手のひら、足の裏の汗が気になる方も沢山治療されてます。
お手軽な汗止めボトックス注射で過剰な汗を抑えてくれるので、お気軽にご相談ください。

体験者の声

小さい頃から脇汗で悩んでいて、服によっては嫌なニオイがしたり、白い服などは黄ばんだりしてオシャレにも気を遣うしとても悩んでました。
城本クリニックで、汗腺を取り除く手術の予約をしたのですが、カウンセリングの際に、ニオイよりも汗の量をまず抑えるボトックス注射を先にやってみては? と提案されました。クリニックから手軽な治療に変更してくれたところに信頼感があり安心しました。

  • 城本クリニック詳細ページへ
  • もっと城本クリニックの口コミを読む
冬に汗を大量にかく人は、多汗症の可能性もあります!

スポーツをしていたりスポーツをした後、夏の暑い日などは体の温度が放っておくと上がりすぎてしまうので汗をかいて体温調節を行います。これが通常の汗をかくメカニズムです。こういった場合、非常に多くの汗をかく、いわゆる「汗っかき」の方も多くいらっしゃいますが多汗症とは言えません。多汗症はスポーツ中・スポーツ後や夏の暑い日といった状況で汗を大量にかくことではなく、日常生活を送っているだけ、秋冬といった涼しい季節など通常であれば大量に汗をかく状況ではないにも関わらずかいてしまうことを指します。ただ、具体的にどれぐらいの量の汗をかけば「多汗症」ということが明確には決まっていないため、一般の方では区別がつきにくい症状といえます。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ