皮膚科の不思議。一般の皮膚科と美容皮膚科との違い

一般の皮膚科と美容皮膚科の違いについて詳しく紹介しています。

HOME > 必見!皮膚科と美容皮膚科の違い

銀座美容外科クリニック
チラコル

皮膚科の不思議。一般の皮膚科と美容皮膚科との違い

「お肌の悩みを解決したいけれど、一般の皮膚科と美容皮膚科どちらに行けばよいかわからない」「美容皮膚科は高額で、自分にとってハードルが高いと感じている」そんな方のために、一般の皮膚科と美容皮膚科との違いや疑問についてお答えします。

一般の皮膚科と美容皮膚科との違い

一般の皮膚科は保険診療で、美容皮膚科は自由診療です。保険診療は、その名の通り保険が適応するので、3割の負担で治療を受けることができます。
皮膚科の方が、保険が適応するから安いというイメージはみなさん持たれていると思いますが、美容皮膚科でも保険は適応するということをご存知でしょうか。医師が保険適応の診療と自由診療を組み合わせてくれるので、すべての診療項目が高額ではありません。

治療だけで満足できるかどうか

皮膚科は治療するところ、美容皮膚科は、肌をきれいにするところです。
例えばニキビを治すならどちらに行くべきなのか。皮膚科の場合、軟膏をもらい治療します。「ニキビ跡が残っているため、治療だけでは物足りない」「ニキビという病気は治ったけれど、それでも肌の見た目が気になる」方には、美容皮膚科をおすすめします。

美容皮膚科をすすめる理由

皮膚科に通っているのに新しいニキビができてしまう…。なぜなら一般の皮膚科は、肌の炎症を抑える治療がメインだからです。美容皮膚科では、徹底したカウンセリングで原因を追及し、ニキビを作らない肌へ改善する方法を提案。ニキビができる根本的な理由を知ることができます。

美容皮膚科は費用が高い?

保険が効かない=金額が高いといったイメージを持っている方多いのではないでしょうか。しかし、必ずしも保険診療が安いとは限らないのです。
<顔のしみとり>
保険診療…約5千円
自由診療…約1万5千円
これだけをみるとやはり自由診療のほうが高額です。しかし数回の保険診療で効果を実感できなかった方が、一回の自由診療で、効果を実感する場合もあります。つまり、金額の安さで選んだとしても、効果がでなければ、最終的にかかる費用が高くなってしまうことも…。
美容皮膚科では、カウンセリングでいろいろな悩みや質問に答えてくれるので、効果を実感できる治療法を医師が提案してくれますよ。

一般の皮膚科と美容皮膚科のメリット・デメリット

一般の皮膚科と美容皮膚科のメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリット デメリット
一般の皮膚科 価格が保険の範囲なので安心 レーザーなどの施術ができない
軟膏治療などで改善はできるが
大きな美容効果が期待できない
美容皮膚科 施術の種類が豊富
症例が豊富で安心
自由診療なので費用が高い

一般の皮膚科は、あくまで治療がメインなので、美肌になりたいと考えている方は美容皮膚科がおすすめ。しかし、高額なメニューの施術もあるので、事前のカウンセリング時にきちんとした金額の確認は必要です。経済的に無理のない範囲で、医師にどういう治療を受けたいかを明確に伝えましょう。保険診療と、自由診療の双方をうまく利用し、美容皮膚科でなりたい自分に一歩近づいてみてはいかがですか。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ