まるで本物?ふっくらしたとしたバストを実現

注目!ハイブリッド豊胸の詳しい内容とオススメの美容外科を紹介!

HOME > 名医を探せ!クリニック検索 > 施術名で探す > ハイブリッド豊胸

施術名で探す

ハイブリッド豊胸とは

ハイブリッド豊胸とは、人口乳腺バッグのまわりに良質な脂肪を注入する豊胸手術のことをいいます。
一般的にバストにコンプレックスを持っているのは、痩せている方が多いといわれています。痩せている人に豊胸手術をする場合、バッグ挿入法ですとバストだけが変に目立ってしまい不自然になり輪郭がはっきりとわかってしまう場合があります。また、脂肪注入法ですと吸引できる脂肪が少ないので身体の負担が大きく理想のバストアップができないというデメリットがあります。
そういった女性に合う豊胸手術として出来上がったのがハイブリッド豊胸です。挿入した人口乳腺バッグの輪郭が目立ってしまう箇所に脂肪を注入して自然なバストへと仕上げます。表面は脂肪なので、見た目だけではなくさわり心地も自然になります。実際にハイブリッド豊胸は、プロでさえ見抜くのは難しいといわれているのです。

おすすめ部位
胸
こんな人に向いてます!
  • やせ形で胸の皮膚が薄くなっている方
  • 自然で豊かなバストが欲しい方
施術方法

100cc程度の小さな人口乳腺バッグを入れ、そのバッグを包み込むような形で良質の脂肪を注入します。手術は、全身麻酔が適用される場合が多いです。(別途料金)

施術の流れ

血液検査をして血圧を測定します。(貧血の方が手術をうけてしまうと危険なため)
続いて麻酔を打ちます。麻酔が効いてきたら、手術に入ります。まずは脇の下もしくは乳房の下を切開し人口乳腺バッグを入れ、バッグの輪郭が浮き上がっているところに自身から採取した良質な脂肪を注入して自然な形のバストへと近づけていきます。
手術時間は約1時間。
ダウンタイムは2週間前後になります。ダウンタイム中に痛みが生じる場合は、冷やすと多少治まるでしょう。(個人差があります)クリニックから鎮痛剤も処方されます。シャワーは2日後からになります。下半身のみで、キズ口を濡らさないように注意をする必要があります。軽い運動は2週間程度、激しいスポーツは1ヵ月程度控えるようにしましょう。

メリット

人口乳腺バッグと脂肪を使うため、やせ形の人への豊胸に向いている。
人口乳腺バッグで脂肪を包み込むため、形やさわり心地が自然。

リスク

しこり・石灰化が生じる場合があります。この原因は医師の技術力ですので、きちんとしたカウンセリングを受けてから信頼できる病院と医師を選ぶように心がけましょう。また、しこり・石灰化は脂肪注入による豊胸にはどうしてもついて回るということをお忘れなく。

価格相場
  • 1回…133万0000円~173万0000円
通院回数

2~3回

この治療が得意なクリニック
カウンセリングの時チェックすべきところ

豊胸手術は1回で終わりではありません。経年的な経過、さらには10年後の経過を見なければ本当の意味での施術評価は出来ないといわれています。雑な脂肪吸引や脂肪注入をしてしまうクリニックは避けるようにしましょう。

Q&A
ハイブリッド豊胸のハイブリッドとはどういう意味ですか?
バッグ注入法と脂肪注入法を掛け合わせたものという意味です。
人口乳腺バッグと脂肪を一緒にいれても、安全面での危険はないのですか?
ハイブリッド豊胸に限らず、豊胸手術にはリスクがつきものです。バッグを挿入する際には、体にメスを入れるので傷跡が残ってしまう場合もあります。そして、異物を挿入することによって身体が拒否反応を起こしてしまう可能性もあります。
豊胸手術は気軽に受けるものではないので、リスクをよく理解したうえで信頼できる病院を選ぶことが大切です。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ

HOME > 名医を探せ!クリニック検索 > 施術名で探す > ハイブリッド豊胸