知りたい!ベイザー脂肪吸引ってどんな施術?

注目!ベイザー脂肪吸引の詳しい内容とオススメの美容外科を紹介!

HOME > 名医を探せ!クリニック検索 > 施術名で探す > ベイザー脂肪吸引

施術名で探す

ベイザー脂肪吸引とは

美容先進国アメリカより上陸した体の負担を抑えた、最新の脂肪吸引です。ベイザー(VASER)とは、脂肪吸引専用機器の名前で、数ある脂肪吸引の中で、吸引量や仕上がりの美しさにおいて「最高峰」と評価されている人気の施術です。
従来の脂肪吸引は、体内に特殊な管を挿入して直接脂肪を吸引する方法でしたが、ベイザーでは、ベイザー波によって脂肪細胞を乳化させてから、刃のない独自のカニューレで吸引します。これにより、従来のものよりもスムーズに脂肪を除去することができるのです。
また、通常の脂肪吸引では指でつまめる3分の2程度の皮下脂肪しか吸引できません。しかしベイザー波により、皮膚の最も浅いところにある表層の脂肪細胞をも除去することができ、90%まで除去することが可能に!脂肪を減少させるだけでなく、ボディラインにしっかりとメリハリをつけることができるのです。

おすすめ部位
二の腕
二の腕
腕
腹部
腹部

背中、太もも、アゴ、お尻、太もも、ふくらはぎ、顔など

こんな人に向いてます!
  • ダイエットをしてもリバウンドをしてしまう方
  • それほど太ってはいないが、くびれを作りたい方
  • 美しいボディラインをしっかりと作りたい方
  • 二の腕や腹部など、部分痩せをしたい部位がある方
  • なるべく体に負担をかけずに脂肪吸引をしたい方
  • 皮膚のたるみが出やすい30代以上の方
施術方法

ベイザー脂肪吸引は、従来の脂肪吸引とは異なり、脂肪を吸引する前に皮下脂肪にベイザー波を照射して、脂肪のみを乳化し液状化させます。
脂肪を液状化させたところで特殊なカニューレを挿入。血管などへのダメージを最小限に抑えながら脂肪を吸引していきます。これにより、術後の痛みや内出血が格段に軽減されているのです。
また、線維組織を除去しないため、皮膚の形が崩れず、たるみを防止。さらには、ベイザー波によって乳化作用を行う際にコラーゲンを増加させる働きがあるため、皮膚を引き締める効果が期待できます。

施術の流れ

まずはカウンセリングで、気になる部位の診察を受け、手術前には血液検査を行うことがほとんどです。
手術日当日、静脈麻酔や局所麻酔などの麻酔を施したら、カニューレで皮膚を傷つけないよう、専用のプロテクターを装着。
麻酔が効き始めたら、ベイザー波によって脂肪細胞を乳化させ、カニューレにより、乳化した脂肪を吸い取っていきます。
吸引後は、すぐに患部を圧迫固定します。
麻酔が切れてくると腫れなどを伴う場合がありますが、痛み止めを服用することによって十分抑えられる範囲です。基本的には入院の必要はなく、歩いて帰宅することが可能です。

メリット

脂肪吸引で懸念されることは術後の凹凸ですが、ベイザー脂肪吸引ではまず脂肪を液状化させるため、ムラが少なく仕上がりが大変美しいのが特徴です。美しいボディラインを目指している方にはぴったりの手術だといえるでしょう。

リスク

感染症や炎症などが起こるリスクは無視できるほどに少ないといえるでしょう。
それよりも覚えておきたいリスクは、ドクターによっては吸引部位がアンバランスに仕上がってしまうこと。実績豊富なドクターを選びましょう。

価格相場
  • 上腹部…1回¥300,000程度
  • 下腹部…1回¥300,000程度
  • 全腹部…1回¥700,000程度
  • 両二の腕…1回¥320,000程度
  • 二重アゴ…1回¥300,000程度
通院回数

5回程度

この治療が得意なクリニック
カウンセリングの時チェックすべきところ

仕上がりが美しいベイザー脂肪吸引ですが、やはりドクターの腕にその仕上がりが左右されることは間違いありません。ベイザー脂肪吸引の実績が豊富なクリニックを選び、信頼できるドクターかどうかを確認することが大切です。

Q&A
傷跡は目立たない?
脂肪吸引を行う前には、カニューレの挿入口として数ミリ切開を行います。挿入口はおへそのしわの中など、極力目立たない部位にするよう工夫されています。
また、吸引の際にカニューレを動かし、その摩擦によって挿入口が傷ついてしまう恐れがありますが、ベイザーにはその摩擦を最小限に抑える専用のシリコン製プロテクターが用意されています。摩擦による傷は心配しなくてもいいでしょう。
ひきつったり、違和感は出る?
脂肪層は表層、浅層、深層にわかれますが、一番筋肉に近い深層にダメージが加わることにより、筋膜と脂肪層が癒着し、不自然なひきつれを起こす可能性があります。ベイザー脂肪吸引には全くそのようなリスクがないわけではありませんが、脂肪細胞だけを乳化させ、刃のないカニューレで脂肪を吸引することから、線維組織を傷つけてしまうリスクは大幅に軽減されました。
腫れやむくみは、1週間程度は残りますが、妙な違和感が残ることはあまりないといえます。

美容クリニック口コミ総合ランキング

▲このページのトップへ

HOME > 名医を探せ!クリニック検索 > 施術名で探す > ベイザー脂肪吸引